読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルクマの日々

見たアニメや映画、本のことを紹介したいと思っています。これを参考にアニメを見てもらったり内容を思い出してもらったり、物を買うのの参考にしてもらったら幸いです。

SAO劇場版(ソードアートオンライン オーディナルスケール)を見てきたので感想と関連情報

 

 

【Amazon.co.jp限定】劇場版「ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール- 」B2布ポスター付通常前売券

あらすじ(若干ネタバレ含む)

2026年、ナーブギアの後継機としてオーグマーと呼ばれるAR(拡張現実)が作り出される。その機械はフルダイブが出来ない代わりに脳へのダメージを抑えたものとして世間に広まり、AR内で、ランキングと呼ばれる仮想空間のモンスターを倒したりすることで上がる序列的な物がありそれが上がるために政府から様々なサービスを受けられるということで若者を中心に人気が集まり日本で大ヒットとなる。その中でもオーディナル・スケール(OS)が特に人気を集めるアプリのような物になる。そのゲームにキリトたとも参加することになるのだが、その陰でARの創設者であり茅場晶彦の大学時代の先生でもある重村教授の陰謀があった。陰謀によりアスナ含むSAOサバイバーたちの記憶が奪われてしまうことになり記憶を取り戻すためにキリトたちは戦うことになる。

 

新登場キャラ

ユナ(OS内の歌姫と言われるキャラでありまた.....である)

エイジ(OSでランキング2位の強者)

重村教授(ARの創設者)

 

一言感想

映画の時間は2時間以上ということもありとても見応えのある内容となっていた。

実際近未来にARは出来るように思われとても近未来の話のように感じられた。映画を通してそういった科学の進歩はある点ではとても便利な物であるがひとたび使い方を間違えることでとても危険な物になるということを改めて考えさせられた。去年ブームだったポケモンゴーもARのようなものでこれを超えるARも確実に生まれてくるだろう。そういった中でしっかり善悪の判断が出来るようになることが課題だと思った。

 

映画関連グッズ

 

 

 

 

 

 すでにAmazonやほかのオークションなどで一番くじのa賞などが買えるので地元になくてもあきらめないで!